« King Arthur 1:ここからが本番。 | トップページ | Tim Schaffer氏の新作アドベンチャーについて、続報。 »

2012/02/16

Tim Schaffer氏の新作、来る。

本日は、予定を変更して、緊急ニュースをお知らせします。更新をサボっている間に、4gamerとかに書かれちゃったけど、気にせず書きますよ。

自分が敬愛するゲームクリエイターである、Tim Schaffer氏の新作に関して、2つほど大きな動きがありました。(と言っても、日本ではTim Schaffer氏の名前は馴染みが無いかも。氏の紹介は、最後にて。)

まず、Schaffer氏にとって久々の「昔ながらのアドベンチャーゲーム」となる新作の制作が、確定しました。この作品については、「Kickstarter」というサービスを利用して、一般からの資金提供を募っていたのですが、開始からわずか8時間強で、目標額の40万ドルを突破。 制作が確定しました。制作されるゲームは、さほど大きくない規模のもので、半年程度で完成させる予定だとか。対応機種は、詳しくは後述しますが、Windows以外は未定。

なお、既に目標額には達しましたが、援助金の受け付けは、最初に設定した期限である3月13日(現地時間)まで、引き続き行われます。製作者によれば、集まった金額が増えるほどに、対応するプラットフォームや対応する言語を増やしていく(増やせる)との事で、金額次第では、日本語版が発売される可能性が、無きにしもあらず……なのか?何故か知らないけど、Tim Schaffer氏自身が、日本語でアピールするツイートを流してますし。まあ、優先順位は、かなり低いと思われるので、過度の期待は禁物ですが。

なお、15ドル以上援助すると、ゲーム本体とベータ版へのアクセス権、及びメイキングビデオ(ダウンロード版)が漏れなく付いてきます。それに加え、これから設置される専用の掲示板にて、制作会議に参加する権利も与えられます。英語力が必要ですが、これは面白いチャンスと言えるでしょう。これ以上援助した場合のオマケは、Kickstarterのプロジェクトページにて確認をお願いします。

注意点は、ポスター等を目当てに100ドル以上援助する場合、アメリカ国外に住んでいる人は送料として10ドル上乗せして金額を指定しなければならない事。まあ、氏の熱狂的なファン以外には、明らかに割に合わない内容なので、これだけ高額な援助をする人は殆んど居ないとは思いますが、一応。

そして、もう一つ。あのMinecraftの作者が、Tim Schaffer氏に対し「Psychonauts 2を現実の物にしようじゃありませんか。」とTwitterで呼び掛け、ちょっとした騒ぎになりました。平たく言えば、「資金を出すから、Psychonauts2を作らないか?」という話でして。その後、具体的な交渉に入っている事が、Tim Schaffer氏から語られています。

勿論、まだスポンサーが名乗り出ただけの段階であり、制作する事が確定したわけではありません。とは言え、比較的実現の可能性が高そうな話であり、ファンにとって大ニュースなのも確か。まあ取り敢えずは、今後の公式発表をワクワクしながら待ちましょう。

なお、前作のPsychonautsは、SteamGOG.comにて、安価で発売中。ゼルダ+マリオなアクションアドベンチャーで、細かい欠点はあるけど、出来はかなり良いです。アクションが多彩な分、ボタンを多く使うので、慣れるまでちょっと大変ですけど。あと、奇抜すぎる世界観やストーリー、キャラクターデザインは、好みが分かれそう。今、久し振りに遊んでいるので、もう少ししたら紹介文を書きます。

Tim Schaffer氏とは?

Tim Schaffer氏は、LucasArts時代に「Grim Fandango」「Day of the Tentacle」などのアドベンチャーゲームを手掛け、アドベンチャーファンから熱狂的な支持を受けている人物。LucasArtsを退社後、Double Fine Productions社を設立。独立後は、「Psychonauts」「Brütal Legend」など、アクションアドベンチャーばかりを手掛けています。なお、手掛けた作品の全てが日本で発売されていないため、日本での知名度はかなり低いと思われますが、数は少ないながらも、熱狂的なファンが存在する模様。

しかし、氏の作品は、いわゆる「カルトヒット」となる事が多く、メディア、プレイしたユーザー共に高い評価を得ながらも、売り上げの面では振るわない事が殆んど。雰囲気作りや台詞回しの巧さは一級品だけど、ややクセが強いので、一般受けはしない感じ。その代わり、ファンからは熱狂的な支持を受けているのですが。

ゲームとしては丁寧に作り込まれているので、ちょっと変わった雰囲気を楽しみたい人には、素直にお勧め。

|

« King Arthur 1:ここからが本番。 | トップページ | Tim Schaffer氏の新作アドベンチャーについて、続報。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17092/53995736

この記事へのトラックバック一覧です: Tim Schaffer氏の新作、来る。:

« King Arthur 1:ここからが本番。 | トップページ | Tim Schaffer氏の新作アドベンチャーについて、続報。 »