« Kohan2 が、日本語ウィンドウズxpで起動しなくなった時の対処法 | トップページ | PSP 版「Military History : Commander -Europe at War」 »

2009/07/24

Kohan シリーズの紹介

前回、名前が出て来たKohanシリーズですが、ここではまだ紹介していませんでしたね。ついでだから、紹介しちゃえ。

Kohanシリーズは、Timegate Studio の開発による、RTS です。シリーズ作品は、「Kohan : Immortal Sovereigns (KIM)」「Kohan : Ahriman's Gift (KAG)」「Kohan2 : Kings of War (KoW)」の、全三作。なお、Ahriman's Gift は、Immortal Sovereigns に幾つかのユニットと地形を追加した改訂版で、拡張パックと違い、これ単体で遊べるようになっています。

初代の KIM は、斬新かつ優れたゲームシステムがメディアに高く評価されたものの、その評価が実際の売り上げには結び付かず、シリーズ全体があまり知られないまま、現在に至っている、不運なタイトルです。

正直なところ、Kohan はパッと見た印象だと、ごく普通の RTS に見えます。それどころか、演出がかなり地味なので、「二流品の RTS」に見えてしまうかもしれません。このへんが、売れなかった大きな理由である気がしますが、とまれ、中身は一般的な RTS とは全く別物です。

実際に Kohan を遊んでみて、まず最初に気付く特徴は、「とにかく、操作が忙しくない」という事です。ゲーム進行スピード自体がやや遅めである事に加え、資源の生産が自動化されている、兵士ユニットに細かく指示を出す事が出来ない、というルールのため、一般的なRTSと比較して、マウスを操作する量が大幅に少なくなっています。

一般的な RTS というのは、良くも悪くも、実際のところは「半分くらいアクションゲーム」と言って良さげなゲーム性なんですが(そこが人気の秘訣なんでしょうが)、Kohan シリーズではアクション性がかなり控えめなので、作戦の優劣こそが勝敗を決めるという、戦略ゲーム本来の魅力が味わえるのです。

とまれ、戦略ゲームで大事なのは、ルールです。上で書いたように、Kohan はそのルールの斬新さこそが、高く評価されたのです。これまた上で書いたように、大枠の部分では、「資源を集めて、軍隊を増強して、ひたすら攻めていく」という、RTS としてはごく普通のスタイルを採用しています。が、中身、つまり実際のルールはかなり違っていて、プレイ感覚が全く違います。

例えば、Kohan シリーズでは、軍隊の生産と管理を、部隊単位で行うのですが、ユニットが1体でも残っていれば、回復が完全に無料で行えます (その代わり、ユニットが減っても維持費は変わらず)。このルールにより、撤退するという選択肢が、一般的な RTS 以上に大きな意味を持っています。

また、Kohan には、「資源の蓄積」という概念がありません。なので、軍隊を維持するには、原則として常に生産ラインを確保しておく必要があるのですが、資源の不足分を金銭で補う事も可能 (自動的に行われる) なので、ある程度なら柔軟な資源の運用が出来ます。逆に、余剰な資源を輸出して、金銭収入に変える事も可能。

資源と言えば、一般的な RTS では、周囲の土地から資源を採取するスタイルであるのに対し、Kohan では施設さえ建設すれば、どこでも資源が一定量生産出来るのも、大きな特徴です。実際には、マップ上に資源が採掘できる鉱床が配置されているのですが、鉱床が少なめに配置されたマップでは、ほぼ純粋にプレイヤーの運営手腕が問われる展開も楽しめます。

なお、生産可能な部隊の数、資源を産出する施設の数は、その時の国力により、大きく制限され、なおかつ、ある程度で頭打ちになります。最初から、ある程度は今後の方向性を固めておかないと、勝利を掴むのが難しくなります。

戦闘については、いわゆる地形効果が存在し、地形により攻撃力や防御力が変化します。また、士気の概念があり、これが大幅に減った部隊は勝手に戦線から離脱してしまいます。戦闘時に細かく指示を出す事が出来ないとは言え、軍隊を指揮する際に気を配るべき事は多いです。

ルール紹介は、こんなところで。正直なところ、上のは特に特徴的な部分を抜き出しただけなので、ルール紹介としては不十分なのですが、これ以上続けると、あまりにも長くなり過ぎるので……

とまれ、Kohan のルールは、シンプルに纏まっていながら、作戦立案の柔軟さと、深い思慮を必要とされる点が両立されていて、実に具合がよろしい。何より、戦略レベルでの判断に重みが置かれているのが、良いですよね。

そんなわけで、「著名な RTS を遊んでみたけど、どうも自分が期待していたゲーム性と違うなあ」と感じた方は、試してみる価値があると思います。まー、演出面がどうにも地味すぎるという欠点があるにはあるんですが、ゲーム性そのものは一級品。あと、ランダムマップがかなり使えるので、その気になれば、かなり長い間遊べます。

|

« Kohan2 が、日本語ウィンドウズxpで起動しなくなった時の対処法 | トップページ | PSP 版「Military History : Commander -Europe at War」 »

Real Time Strategy」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17092/45727916

この記事へのトラックバック一覧です: Kohan シリーズの紹介:

« Kohan2 が、日本語ウィンドウズxpで起動しなくなった時の対処法 | トップページ | PSP 版「Military History : Commander -Europe at War」 »