« 更新再開 + Fallout3 始めました | トップページ | Fallout3 ファーストインプレッションの最終回 »

2008/11/14

Fallout 3 戦闘システムについて

昨日のファーストインプレッションの続き。今回は、戦闘システムについて、特に実際にプレイしてみないと分かり辛いポイントを中心に、纏めてみました。

かなり昔から情報が出ていたように、Fallout3 の戦闘は、完全にリアルタイムで処理される、要するにシューティングゲームのモードと、V.A.T.S. と名付けられたコマンド選択っぽい方式の、2種類のスタイルがあり、少なくともシステム上は、どちらのスタイルで戦闘を行うかは、完全にユーザーが自由に選べるようになっています。

Fallout3_23


さて、ここで気になるのが、実際には 2つのスタイルをどう使い分ける事になるのか?です。例えば、シューティングの腕前に自信がある人なら、V.A.T.S. を使わずにバリバリ進んで行けるのか?とか。

結論を言うと、どれだけシューティングが得意な人でも、V.A.T.S. を積極的に使っていく事になります。その最大の理由は、V.A.T.S. を利用しないと、体の特定の部位を集中して狙っていくのが極めて困難である事です。

例えば、強力なマシンガンを装備している敵に対しては、まず最初に、腕の部分を集中攻撃して攻撃力を落としておかないと、相当なダメージを強いられます。他にも、大ダメージを与えられる頭部を集中攻撃するという戦法は、良く使います。

Fallout3 では、こういう「部位別ダメージ制」の恩恵を積極的に利用していかないと、厳しいと思います。まあ要するに、Fallout3 は、あくまで RPG としてバランス調整がされている、という事です。

となると、逆に「じゃあ、リアルタイムの戦闘は、あんまり使えないのか?」という疑問が出てくるかと思います。端的に言えば、少なくとも、マウスが使える PC 版においては、リアルタイムも意外と使えます。コンシューマ版は、パッドだと照準が合わせ辛いので、ちょっと難しいかもしれませんが。

と言うより、遠くの敵を攻撃する際には、しっかり狙いさえ付ければ、リアルタイムで撃った方が命中率が高い気がします。これについては、もうちょっと検証を続けてみないと、断言は出来ないんですが。

|

« 更新再開 + Fallout3 始めました | トップページ | Fallout3 ファーストインプレッションの最終回 »

Fallout 3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17092/43109044

この記事へのトラックバック一覧です: Fallout 3 戦闘システムについて:

« 更新再開 + Fallout3 始めました | トップページ | Fallout3 ファーストインプレッションの最終回 »