« Europa Universalis 2と Hearts of Iron 2 | トップページ | Splinter Cell : Chaos Theory »

2005/03/29

Europa Universalis 2の AAR

えーと、まず。御免なさい、前回に嘘を書いちゃいました。Hearts of Iron 2は日本語版の発売が予定されています。ひょっとして、前作が開発中止になったのは、リンク先に書いてあったようにイデオロギーがあれこれって訳でも無かったのかしら?

閑話休題。前回、「まだルールを覚えている段階でし」とか書いてますが、具体的には、国内の経済状況をどうやって成長させるのか、或いはコントロールすれば良いのかがサッパリ分からなくて、ずーっと困っておったわけです(別に他の要素を無視していたわけではなくて、「とにかく経済をコントロール出来ない事には何も始まらない」と思い込んでいたのです)。で、公式フォーラムの FAQを何度も読んでようやくピンと来たんですが、このゲームの経済って、プレイヤーがしっかり管理するんじゃなくて、全体的には自然の流れに任せるしかない、というスタイルなんですね。あ、勿論、プレイヤーの行動が全く影響しないって事はありませんが、どちらかと言うと、経済の成長をコントロールするんじゃなくて、経済の状態を安定させるのがプレイヤーの(主な)仕事、という感じです。

んで、実のところ、ルールの理解で詰まっていたのは本当にこの部分だけだったので、現在は実験メインで本編を進めています。というわけで、せっかくだから現時点で進んでいるところまでの AAR(After Action Reportの略。日本語では「リプレイ」と呼ばれますが、全世界レベルでは AARの方が一般的らしい)を書いてみました。

The Grand Campaign Castilla 1419-1454

今回は、「初心者に一番お勧め」であるらしいカスティーリャ(註:後に Aragonを併合してスペインとなる国)でプレイを開始。サクッと 1454年まで進みました。

以前、序盤だけを何度かプレイしてみた時に、かなり序盤に隣のポルトガルから軍事同盟のお誘いが来て、なおかつポルトガルが北アフリカの国に戦争を仕掛けるため、自国もその戦争に巻き込まれる事が判明しておりました。ので、今回はまず、その展開を避けるために手を打ってみました。

具体的には、さっさと隣国 Aragonと同盟を組んでしまいました。EU2では、一つの国が同時に一つの同盟にしか加盟出来ないため、この状態ではポルトガルが同盟を持ち掛けてくる事が出来ません。当然ながら、ポルトガルの起こした戦争に巻き込まれる事もなく、ただただボーッとしていられるのです。あと、自国が同盟の盟主となる事で、外交面で積極的に動き回って遊んでみよう、という目論みもありましたね。

そのポルトガルは、件の戦争が終結した頃を見計らって同盟に誘いました。取り敢えずはイベリア半島同盟を作ってみようという方向で。

しかし、そのしばらく後に Aragonがすぐ北にある Navarraに宣戦。同盟があるので参戦しない訳にはいきませんが、カスティーリャとしては特に Navarraと戦争する理由もないので、さっさと和平。むしろ、この国を同盟に誘ってみたら面白そうだという気分に(註:その後の外交による属国化、外交的併合という流れを見越しての判断)。しかし、Aragonが長々と戦争を続けたせいで、それはなかなか実現しませんでした。

Navarraに対して手を出せないので、ゲーム開始時から持っている植民地、カナリア諸島に植民をバンバン派遣して人口を増やし、「自国の都市」にランクアップさせてみました。そうこうしている内に Aragonとの戦争が終結、即座に Navarraを同盟に組み込みます。時折贈り物などをして関係を向上させつつ、イベリア半島南端にある Granada王国について思案してみました。

Granada王国はイスラム教シーア派による国家で、史実ではカスティーリャが Aragonと統合して誕生したスペイン王国によって、1492年に滅ぼされています。どうせなら史実に抗ってやろうではありませぬか。というわけで、まあ戦争は仕掛けたんですが、和平交渉で「属国化」して、将来的に外交による併合に繋げてみました(註:後述しますが、これは失敗)。しかし、これは上手く機能せず。なんか、Aragonが Granadaに宣戦しやがりました。Aragonからの要請を受けても断わっても駄目な方にしか働きません。というわけで、ロードしてやり直しました。流石に。

....て言うか、実はこれ、そもそも属国化した事自体が間違いだったんですけどね。何故なら、イスラム教の国家とキリスト教の国家を、外交で併合する事は出来ないからです。ゲームのルールでそうなってるとか言う以前に、常識で考えたら当たり前の事ですよね。ええ、間抜けでした。

というわけで、ゲームのルール上、一回の戦争だけで Granada王国を軍事併合する事は出来ないので、二回戦争を仕掛けて Granada王国を滅亡させました。何と言うか、史実とは50年くらい時期がずれただけでしたね。うーん。

いや! まだ史実に抗える箇所は残されています。史実では、Granada王国を併合した後、時のスペイン国王イザベル一世の「イスラム教徒はカトリックへの改宗 or Die」な政策により、ものすごーく血生臭い展開となってしまうのですが、自分は既にイスラム教への寛容度を高めに設定してあるので(註:カスティーリャは、自国内にイスラム教徒を抱えているので、この様に変更した)、多分大丈夫です。....歴史イベントが待っているような気もしますが。

とまあ、現時点ではこんな感じです。もう少し経つと植民地時代となり、スペインの黄金時代が始まるわけですが、さて、一体どうなる事やら。

|

« Europa Universalis 2と Hearts of Iron 2 | トップページ | Splinter Cell : Chaos Theory »

Paradox Interactive」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17092/3483499

この記事へのトラックバック一覧です: Europa Universalis 2の AAR:

» 北アフリカ [【北アフリカ】について]
北アフリカ北アフリカは、アフリカのうちサハラ砂漠より北の地域を指す。マグリブ地域のみを指す場合に、この語が用いられることがある。中東(ないし西アジア)との交流が多いため、地理的に近いエジプトやリビアを中心に中東の一部として定義されることも多い。エジプトのシナイ半島は普通中東として扱い、北アフリカには...... [続きを読む]

受信: 2005/05/28 14:43

« Europa Universalis 2と Hearts of Iron 2 | トップページ | Splinter Cell : Chaos Theory »