« タクティクスオウガの悪いところ | トップページ | 本日のMorrowind »

2004/02/04

CPU交換+Morrowindで実験

いい加減、Morrowindが重くて困っていたので、CPUをAthlonXP 2600+に交換しました。んで、せっかくなので、現在の環境でどれくらい快適にプレイ出来ているのかを紹介しておきます。現在のマシン構成は、以下のとおり。

CPU : AthlonXP 2600+
MEM : 512M, DDR
GRP : nVidia GeForce4MX (AGP 4x)
HDD : 60GB, UATA100, NTFS

本文の前にあらかじめお断りしておきますが、Morrowindのパフォーマンスは、どれだけのプラグイン(及び拡張データ)を導入しているか、そしてそれらのプラグインの内容によって、大きく変化します。自分の場合、拡張パックTribunalと幾つかのプラグインを導入しており、「標準の状態より、それなりに重くなっています」ってな感じの状況であります。

それはさておき。結論から言うと、取り敢えず「それなりに快適」と言えるだけのパフォーマンスが出ております。グラフィックボードが非力なんですが、グラフィックを強化するようなプラグインは導入していないせいか、さほど気になりません。場所によっては動きがカクカクになりますが、マウスとかの反応がわりと良好なので、気分的には悪くないです。ああ、でも、リアルタイムシャドウを導入すると、一気に辛くなりますね。Morrowindに限って言えば、パフォーマンスの改善を望むなら、CPUやメモリのパワーアップをまず最初に考えてみると良いみたいです。コマ落ちはオプション設定でそれなりに改善出来るし、そもそもコマ落ちが気になるタイプのゲームでも無いので。

残念だったのは、データロードの待ち時間が、思ったほど改善されなかった点です。実際には、随分マシになってはいるんですが、地上を歩いている時に突然画面が停止してしまうのは相変わらずで、やはり気になります。でも、ひょっとしたらこれは、ファイルシステムの問題なのかもしれません。FAT32あたりでフォーマットしたパーティションにインストールすれば、改善されるのかも。現時点では実験出来ませんが。あともう一つ、設定を書き換える事で、多少は改善されたりしてくれませんかねぇ?

|

« タクティクスオウガの悪いところ | トップページ | 本日のMorrowind »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Morrowind, TES」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CPU交換+Morrowindで実験:

« タクティクスオウガの悪いところ | トップページ | 本日のMorrowind »